被リンクツール選定より優先する事

被リンクツールを比較 ⇒ 上位を目指すSEO ⇒ google推奨のページ作成


被リンクツール選定より優先するGOOGLE推奨ページ作成


| ← google推奨のページ作成 → 検索エンジン登録


YAHOOが検索エンジンにGOOGLEを採用してからSEOも随分と変りました。
被リンクより重要な事。yahooは被リンク重視でしたがGOOGLEは違うと言う事実。

もう被リンクを一杯貼る時期は過ぎました。
GOOGLEは以下を大変重要視しています。今は最重要項目です。


・検索者に有意義で役立つ情報を提供する。
・検索エンジンに対してフェアで有る事。 この2点が大きな柱です。



具体的な対GOOGLE対策は2点になります。


早速ページの構成を見直した方が賢明です。その次が被リンクツール選定です

・ページ構成をキチントしたものにする。これに関しては、公開されていますので一読すべきです。
 ⇒ googleが推奨するサイト作り(pdf)
 ⇒ googleの品質ガイドライン
 ⇒ googleと相性の良いサイト作り

・質の良い被リンクを受ける。このツール探しは二の次で充分です。




■ GOOGLEが推奨しているページの作成方法 ■

被リンクとかツールとかの単語が出て来ないところがポイント。

1.読み手に判り易いページにする。


@ <title>○○・・・○</title>の内容を良く吟味する。

 検索エンジン、検索者にとって最も重要な部分です。この中にページのキーワード
 含ませます。
 キーワードの位置は極力左側へ来る様にします。凡そ全体で30文字程度。

A meta descriptionの内容は手を抜かない。


 検索一覧に出てくる内容です。検索者はここで内容を判断します。100文字程度設定します。


B meta keywordは有っても、無くても構いません


 キーワードを明示的に指定する場所は現在では、もうありません


C タイトルとmeta descriptionの内容はページ毎に変える。


 同一キーワードで行きたい場合でも、文章内容はかえるという事です。
 但し、同一であってもペナルティ受けたり、不利にはなりません。


D 記事内容を豊富にする


 キーワード率は3〜6%程度と言われますが、今は気にする必要有りません。
 キーワードは極力近接させた、自然な文章記事にします。指示代名詞(あれ、これ、それ)

 はなるべく使用せずに、ストレートにキーワードを使用しながらも自然な文章に!。
 強調したい語句は文字修飾します。但し、やり過ぎない事が肝心です。

 文字数は最低でも1ページ600字前後は必要です。


E 見出しを入れる


 h1、h2・・・・h6までのみ出しをいれる。読み手の目の運びをガイドする目的。

 嘗ての様に、h1はもはやキーワード、SEOの意味は無くなっています

 本来の段落構成を示すものになっています。
 文字色・大きさなどはスタイルシートで決めて下さい。


F パンクズナビで中間章をガイドする


 ページ間で章立てになっている場合に特に必要です。章の先頭やトップページへはリンクを
 クリックして移動できる様にします。


G 章内ページ間をナビゲーションでガイドする


 トップメニューやサイドメニューは良く設置されていますが、ページ数が多くなると
 特にサイドメニューは下方が見えなくなります。
 わざわざスクロールして見て呉れる人のは余りいません。

 その為に、ページの上部に「前ページ」「次ページ」に移動できるリンクを設置します。


2.読む人や検索エンジンを騙さない


@ 隠しテキスト隠しリンクを入れない


 背景色と同色の文字で見えなくしたり、極少文字で書いたりリンクを設置しない様にします。
 最悪ペナルティを受けます。(発見された場合)


A 登録したページは全て閲覧できる様にする


 閲覧が難しい、又はリンク切れは最悪です。必要なくなったらGOOGLEへインデックス削除依頼
 して削除して下さい。

 削除したく無い場合は、そのページは、必ず閲覧できる様にします。


B 目的のページまでは、3クリック以内で行ける様にします


C 完全に同一内容のサイトをURLを別にして登録しない


D キーワードなどに強調文字を過剰に使用しない


以上を守り、被リンクを受ければ内容はともかくSEO上でかなり有利になります。

「被リンクツールを探す・・」 と考える前に先ずは、上記内容でのページを作成が先。

一度ペナルティを受けると、いくら修正・再審査要求しても先ず解除は難しいと考えて下さい。
解除されても履歴は残ります。

ページの見直しが完了したら、検索エンジンに登録して、被リンクです。

上位を目指すSEO