被リンクは重要では無い

被リンクツールを比較 ⇒ リンク集


被リンクは厳選数個で充分


メールで相互リンクを依頼される事がありますが、基本的にはお断わりしています。
相手方の発リンクページを見ると、発リンク数十個のページは数ページもあります。
また、ほぼ全てがコンテンツの無いリンク集になっているのが理由です。

ページランクのアップやサイトの順位アップを意図して実施した事は全てgoogle品質ガイドライン違反です。
ガイドラインに準拠し検索者にとって有意義なページを作成する事が順位アップに繋がります。

以前実施されたパンダアップデート、ペンギンアップデートが何で有ったのかを思い返すと、施策が少し解ってきます。

◆ パンダアップデート:低質リンクの排除

コンテンツに無いページからの被リンクは削除した方が安全です。

しかし、今までは削除したくとも相手方が受け付けなかったり、削除手段が無かったりで、思う様に削除できませんでした。

つい最近、googleが「リンク否認」ツールを公開しました。
このツールを使って、yumiサーチやリンク集からのリンクを否認できます。

本当に意味のあるリンクを残して、他は全て否認する事が良いでしょう。


◆ ペンギンアップデート:低質ページの排除

低質の定義は色々ありますが、多くはキーワードの詰め込み過ぎとコンテンツの使い回しです。
画像しかないページはこの際論外とします。

キーワードの詰め込み過ぎは、特にbody直下とテンプレートのメニューに多く表れます。
ここは良く注意して見直します。

コンテンツの使い回しは「無意識」に行っている場合が有ります。
自サイトのページ間、自分の手持ちサイト間。

類似チェックサイトなどを利用して排除すれば良いと思います。
正ページを決めて、canonicalで逃がせば上手く行きます。

くれぐれもリダイレクトで回避しない様にして下さい。
検索者の利便性が失われてしまいます。

canonicalであれば、googleインデックス内の話しで済みますが、リダイレクトだとメニューから辿った場合でも、勝手に飛んでしまいます。


 片頭痛治療
片頭痛を治したい方、苦しむ方へ。片頭痛は治療を要する病気です。


 耳鳴り治療
辛い耳鳴り。あなたに合った治療をしよう。


被リンクツールを比較

ツール詳細内容