インゴットSEO

被リンクツールを比較 ⇒ 詳細内容 ⇒ インゴットSEO


インゴットSEO

43ページのSEOマニュアル ← インゴットSEO → アンビシャスカード

インゴットSEO    他のどの業者もやっていない、払い切り、1回払いで提供

 業者並みの効果が有ります。他の被リンクツールと比較して一番。
 変更・追加の管理機能有り。


 1.50サイト50オールドドメインからリンク。
   ドメイン年齢は平均で8年となっています。

 2.Cクラス完全ip分散

 3.被リンク先1ページに外部リンクが1つだけ
   あなたのサイトだけ。
 4.被リンクのアンカーテキストは自由設定

 5.文章中のテキストからリンクを出す




やじるし インゴットSEO

インゴットSEOの概要

ターゲットキーワードはリンク元ページの「タイトル」に入っていると効果が得られます。


WEB上に多数提供されている既存サービスのほとんどは、1ページに20個も30個も複数のクライアントのリンクを機械的に設置しています。


複数のクライアントのリンクを1ページに設置しているため、「Titleタグ」を1つのクライアントに合わせることができません。


これでははっきり言って、効果はありません。


1ページに外部リンクが1000リンク設置しているページからもらう1リンクと1ページに外部リンクが1つのみ設置しているページからもらう1リンクでは圧倒的に後者「1ページ1外部リンク」のページからもらうリンクの方が効果が高くなります。


つまり、どういうことかといいますと、「あなた専用のページを1ページ作る」ということです。
それも、ドメインの数分です。その「1ページ」はあなたのためだけの「独占ページ」となります。


当然、手間や時間が相当必要なため、どこの業者もやりたがらない内容です。


昔のSEOでは単に被リンクをキーワードによりアンカーテキストで大量に貼れば効果がありました。
しかし、今は通用しません。


被リンクのアンカーテキストも重要ですが、最近では被リンクの前後のテキストが重要視されています。検索エンジンは被リンクの前後のテキストを認識します。


例えば、通常業者の場合、

月額5000円のサービスですが、一瞬安いと思いますが、SEOの被リンク販売の場合、1年も2年も・・10年も、運営しているサイトがある限り継続して月額費用を払い続ける必要があります。

途中で解約してしまったら、順位が下がってしまうからです。
これでは総額いくら払っているのかわかりません。


サイトが存在する限り永遠に費用が掛かる、ランニングコストです。

他の被リンクツールと比較して良い点は、業者並であること。

被リンクツールを比較

ツール詳細内容